« 雪の渡良瀬遊水地 | トップページ | 渡良瀬の中のキラキラ »

2013年1月21日 (月)

渡良瀬の中の直線と曲線

雪の渡良瀬遊水地で撮った写真を見ていたら、直線と曲線があることに気付きました。

撮っている時には全く意識していなかったのですが、今回はそんな写真を並べてみました。

焦点距離100mmで撮った真っ直ぐな雪道から。

0k5s1192


K-5Ⅱs+D FA MACRO 100mmF2.8   F3.2    1/1000    0.0   ISO160

奥の方は弱冠曲がっていますかね!(笑)

絞り開放ではないのですが、後方のボケ具合が結構気に入ってます。

何の変哲もない凍っていそうな雪道、でもよく見るとS字カーブになってます。

0k5s1124


K-5Ⅱs+DA17-70mmF4 AL [IF]   43mm   F4.0   1/125   -0.3   ISO160

もう少しカメラの位置が高い方がS字が分かりやすかったですね。

ひたすら真っ直ぐな道。

0k5s1155


K-5Ⅱs+DA17-70mmF4 AL [IF]   17mm   F8.0   1/50   -0.3   ISO640

あの先は何処につづくのか? 色々想像出来そうです!(笑)

1枚目と同じ道を、ほぼ同じ立ち位置から焦点距離23mmで撮ると雰囲気が違います。

0k5s1172


K-5Ⅱs+DA17-70mmF4 AL [IF]   23mm   F4.5   1/500   -0.3   ISO160

とても広い渡良瀬遊水地の中の直線と曲線、撮っている時にこういうことを意識できるようになるといいのですが!(笑)

« 雪の渡良瀬遊水地 | トップページ | 渡良瀬の中のキラキラ »

PENTAX K-5Ⅱs」カテゴリの記事

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8」カテゴリの記事

smc PENTAX-DA17-70mmF4 AL [IF] SDM」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

> 撮っている時にこういうことを意識できるようになるといいのですが!
私もそう思うことが多々ありますが、ペンタスキーさんでも、そうお感じになるのですか。
ということで少し安心(?)しました。
リトライのチャンスがあれば良いのですが、1発勝負となると「後の祭り」ですから、眼と想像力を鍛えるしかないですね。

新カメラに変えてから撮影のペースが上がったような感じですね?
使ってみて如何ですか?
風丸さんからは色の出方が良いですよと言われましたが・・・・
わたしは、ニコンD-700、ペンタックスのK−20D、K−5、オリンパスのマイクロフォーサーズカメラP-EM1と
バラバラのカメラで、その時の気分で撮っていますがどれもしっかりとは把握して無くてダメ写真ばかりです!
もう少し、勉強しないといけませんね??

おはようございます
撮っている時全く気がつかなくて後で見ていたらこんなものがあったんだ・・・って気がつくこと
多々ありますね 私の場合余分なモノが多いのですが・・・
遠くまで連なる道見ていると色んな事想像して良いですね わたしもそんな道の光景撮ってみ
たくなりました

おはようございます
あの広い遊水地ですから こんな直線道路があるんですね
しかも足跡付かずの道まで v^^
たしかに1枚目のようなボケ方いいですね 
想像をかき立てられますよ v^^
(おいでおいでをされてる様です 笑)

ぐりれさん おはようございます。

あまり考えずに撮ることの方が多いですよ。
被写体を目の前にすると直ぐにシャッターを切っちゃいます(笑)
で、後から写真を見て、こう撮れば良かったなぁ~
なんて思うことがしばしば。
盛大な「後の祭り」です!(笑)
まぁ~趣味なんてそんなものですよね!

るーちゃん おはようございます。

撮影のペースは特に上がってはいないですよ。
K20Dの時と同じようです。
そのK20Dの操作に慣れているせいか、
K-5Ⅱsの使い勝手に手間取る事があります。
操作系が違うところがあるので。
でもやはり写りには満足しています。
特に、高感度に強いことが最大の強みです。
今まで撮れなかった暗い場面で撮れるのが良いですね。

その時の気分でカメラを変えられるのは楽しいと思いますよ!

カメラ夢遊さん おはようございます。

被写体を目の前にすると夢中になって撮っちゃいますよね。
落ち着いてじっくり観察してから、
と思うのですが中々出来ないものです!(笑)

夢さんの撮影フィールドにも、素敵な道がありますよね。
あの道も結構真っ直ぐだったような気がします。
真っ直ぐな道って、想像力を掻き立てられますよね。
単なる道なのに、写真ってやはり面白い!!(笑)

時平さん おはようございます。

はいっ! おいで~おいで~をしています!!(笑)

雪が降った翌朝の早い時間で、車が入れない場所なので、
足跡が付いていない道でした。
そんな道が幾つもありましたよ。
3枚目の直線道路は、北エントランスから中に入って、
谷中湖の北側を東西に走っている道です。
ホントに真っ直ぐな道でした、気持ちいいくらいに(笑)

1枚目のボケ具合、開放でも撮っておけば良かったなぁ~
ってちょっと後悔しています(笑)
これも「後の祭り」です (^^ゞ

おはようございます^^
新しいカメラ、高感度に強いって良いですね!
外でもですけど、ちょっと暗めの食堂系フォトでも
威力を発揮しそうですね~~~
わたし
買えませんけど、、、
もしかしたらの2014年以降のため??に
オーナーズブックだけ購入しました!!
先日、ペンタスキーさんがUPされたのと同じ本です(爆笑)

亀三郎さん おはようございます。

高感度に強いのは良いですよ~♪!
室内や暗い時間帯でもシャッタースピードを早く出来るので、
今まで諦めていた場面で写真が撮れます。
K-5Ⅱsを使うようになって実感しました。
オーナーズブックを買ったのなら、
ちゃんとオーナーにならないとダメですよ!(笑)
ともあれ、オーナーズブックのご購入おめでとうございます♪(笑)

ただ、操作系がK20Dと違うところがあって、
K20Dに慣れているので、ちょっと使いにくいところがあります。。
改めて、K20Dは操作系も含めて良いカメラだなぁ~と思いました!!

こんにちは。
やっぱり100マクロと言えば、ペンタスキーさんですね^^
特に4枚目、ジブリのアニメに出てくる謎の生物のようで面白いです。
前エントリーのマクロで撮った道の写真も良かったですね。
パンフォーカスじゃなく、だんだんボケていく道の先に何があるのかな・・・、
なんて想像を掻き立てられます。
私も是非参考にして、あのような雰囲気に撮ってみたいです。
渡良瀬は、引いても良し、寄っても良し、魅力的な被写体がいっぱいですね。

チャトラさん おはようございます。

いやいや、トリミングで誤魔化しているようじゃぁ、
マクロ使いとは言えませんよ(笑)
ちゃんと接写しないとね!
謎の生物、そんな発想を描きながら撮るのも面白そうですね。
その発想、いただきます!!(笑)

マクロレンズの道は、漠然と撮ってしまいました (笑)
ボケ具合を意識したならば、きっと開放で撮っていた筈なので、
結果オーライの写真なんです (^^ゞ

で、えーとぉー、チャトラさんのコメは、
本当は次の記事に書かれる予定だったと思うのですが、
お間違いになられたようですね。
私としては気にしていませんので、どうかお気になさらずに!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797409/48860215

この記事へのトラックバック一覧です: 渡良瀬の中の直線と曲線:

« 雪の渡良瀬遊水地 | トップページ | 渡良瀬の中のキラキラ »

フォト

★ 初代のブログ ★

米美知子さんの撮影術♥

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンクのあしあと♪

最近のトラックバック

カメラ関連メーカーのリンク

無料ブログはココログ